装着の方法|自分の体型に合ったブラ選び|補正下着で作る理想の体型

自分の体型に合ったブラ選び|補正下着で作る理想の体型

婦人

装着の方法

女の人

補正ブラを購入したなら、装着の仕方もマスターしておく必要があります。大事なのは、時間をしっかりかけてボディメイクすることです。今までパパッとブラを装着してしまっていた人は、この点から意識して変えていくべきです。せっかく効果の高い補正用のブラを無駄にしないようにしましょう。フィッティングの仕方ですが、まず両肩のストラップをかけます。掛けた状態で前に身体を倒し、その状態でホックを掛けるのです。フロントホックの場合もこのパターンは同じです。このとき、バージスラインという胸の下のラインに、カップ部分が合うように押さえるのがコツです。これで終わりではなく、カップ部分にはまだ下乳の部分しか入っていないと認識しましょう。

日本人の女性に最も多いのが、胸の横部分がきちんとブラに収まっていないパターンです。そうなると胸の横部分にある脂肪が脇や背中側に流れ出してしまい、理想的な体型に補正できないのです。そうなると二の腕に脂肪が流れてしまうことにもなってしまうので、腕を太く見せてしまいます。ホックを掛けた後は、アンダー部分を固定し、片方ずつ脇の肉をカップの中に収めることが大事です。背中に流れてしまっている部分も忘れずに収めてしまいましょう。それが終わったら、バージスラインの肉も持ち上げて収めましょう。ここまでが終わったら、片方も同様に横と下の肉を収めます。終わりましたら、中心と肩紐を調節します。最後に、アンダーベルトの理想的な位置である、肩甲骨の下まで下げるように補正しましょう。